会社設立のお礼状のマナー

 

会社設立でお祝いしていただいた時には、しっかりとお礼状を書くのがマナーです。
日本では昔から手紙やハガキで、しっかりとお礼状を出すことが多く、それによって会社同士を繋いできた文化があります。
それが未だに残っていて、お礼状というのはとても重要となっています。
しっかりマナーが守れているかどうかによって、会社の印象も変わってくるかもしれません。

まずはその点もしっかり考えて対応していくことが必要となるのではないでしょうか。
実際にお祝いをしてもらったのにも関わらずお礼状を出していない場合は、会社の信用も失ってしまうかもしれません。
そこまで大きなものではありませんが、それでもしっかりと対応するかどうかによって変わってくるのではないでしょうか。

お礼状のマナーとしては、まず返信までの時間をしっかり考えておくことが重要です。
実際に返信まではお祝いを受け取ってから3日以内が望ましいです。
忙しいとは思いますが、できる限り早めにお礼状を送るようにしてください。
早ければ早いほど良いので、可能であれば1日で返信するというのも良いと思います。

もちろん、そこはそれぞれ忙しい中でやり取りしているわけですから、相手のことも考えておくことが必要となります。
ただ、一番良くないのは返信を忘れてしまうことです。
お礼状などに関しては「後で送ろう」と思って放置していると、つい忘れてしまうこともあります。

後から「すみませんでした」と伝える場合、相手によっては「全然大丈夫ですよ」と言ってくれるかもしれません。
しかし、返事がまったくない状態が続くと、「あの会社はお祝いしても、お礼状すら送ってこない」と思われてしまうでしょう。
もちろん、忘れていた場合はそれが事実になってしまいます。
そこは充分に気を付けておくことが必要となりますね。

その他、お礼状の書き方についてもしっかり考えておくことが必要となります。
十分に考慮して内容も考えていくことが必要となります。
特別なことは書かなくて良いので、テンプレートを活用しながら返信しておくようにしてください。
基本的にテンプレートはインターネットで公開されているので、そちらから良いものを見つけてお礼状として送っておくことをおすすめします。

そうするだけでも、必要な関係を継続することができます。
いい加減なところもあるので、正直お礼状はそこまで重要なものだとは思っていないことも多いです。
しかし、ちゃんと送れば誠意を表すことにも繋がっていきます。その点はしっかり考えておきましょう。