会社設立豆知識!定款とは何?

 

会社設立の時、公証人役場に登記する定款について。
この定款とは一体どのようなもので、どういった内容を盛り込む必要があるのでしょうか?
今回は、定款の詳しい説明をまとめてみました。

定款というのは会社のルールを明記したものであり、法律上登記する時には公証人が認証しなくてはいけないものとなっています。
公証役場で定款の認証を行うことができるのですが、基本的な雛形は公証役場で公開していますので、そちらを参考にしてみるといいでしょう。

定款には、会社を運営する上で重要な事柄が記載されています。
例えば、株式会社として会社を設立する場合、株式を公開するのか?非公開にするのか?に形態が分かれます。
これは、その会社の株式を譲渡していいのかどうかについての決まりごとです。

仮に譲渡制限を設けないのであれば、株式を公開にすればいいでしょう。
ですが、上場してないような株式会社の場合は、譲渡制限を設けて勝手に株券のやり取りをされないよう、定款にルールを設けないといけません。

そうしないと、会社が乗っ取られてしまう可能性がありますので、この項目はかなり重要なポイントになります。
後は、取締役員に関する項目です。

取締役を複数人設定する場合は、取締役の人数を定款に記載する必要があります。
一人なら一人と記載します。
また、取締役会を設置するかどうかについての内容も、定款に記載しないといけません。

このような定款は、先ほども説明しましたが雛形を公証役場で用意してくれています。
ですが、会社設立のタイプや事業内容によって、記述される内容が変わってきます。

もし自分でやるのがお手上げというのであれば、企業法務関係の案件を取り扱う業者に依頼をするといいでしょう。
ちなみに定款は、電子定款にすると印紙代がかかりません。
電子定款とは、電子データ上に定款の内容を記載する方法のことです。

パソコンで簡単に定款を作成できるサービスがありますので、そちらを利用してみると良いでしょう。
ただし定款は、あくまでも会社のルールを決めた大切な書類です。

本当にその内容でいいのかを十分に確認しなければならないため、雛形だけに頼るのではなく、やはり専門家のアドバイスをもらった方が安全かもしれません。
定款の認証が済んだら、後は法務局で印鑑登録証明書や登記申請書、発起人決定書などの各種書類を提出して、登記手続きが完了します。
登記手続きが完了した日が、会社設立日となります。
これらの手続き業務も法務関係の代理業者を雇えば、全てやってもらうことができますので、忙しい人はそういったサービスを活用するといいでしょう。

会社設立のお礼状のマナー

 

会社設立でお祝いしていただいた時には、しっかりとお礼状を書くのがマナーです。
日本では昔から手紙やハガキで、しっかりとお礼状を出すことが多く、それによって会社同士を繋いできた文化があります。
それが未だに残っていて、お礼状というのはとても重要となっています。
しっかりマナーが守れているかどうかによって、会社の印象も変わってくるかもしれません。

まずはその点もしっかり考えて対応していくことが必要となるのではないでしょうか。
実際にお祝いをしてもらったのにも関わらずお礼状を出していない場合は、会社の信用も失ってしまうかもしれません。
そこまで大きなものではありませんが、それでもしっかりと対応するかどうかによって変わってくるのではないでしょうか。

お礼状のマナーとしては、まず返信までの時間をしっかり考えておくことが重要です。
実際に返信まではお祝いを受け取ってから3日以内が望ましいです。
忙しいとは思いますが、できる限り早めにお礼状を送るようにしてください。
早ければ早いほど良いので、可能であれば1日で返信するというのも良いと思います。

もちろん、そこはそれぞれ忙しい中でやり取りしているわけですから、相手のことも考えておくことが必要となります。
ただ、一番良くないのは返信を忘れてしまうことです。
お礼状などに関しては「後で送ろう」と思って放置していると、つい忘れてしまうこともあります。

後から「すみませんでした」と伝える場合、相手によっては「全然大丈夫ですよ」と言ってくれるかもしれません。
しかし、返事がまったくない状態が続くと、「あの会社はお祝いしても、お礼状すら送ってこない」と思われてしまうでしょう。
もちろん、忘れていた場合はそれが事実になってしまいます。
そこは充分に気を付けておくことが必要となりますね。

その他、お礼状の書き方についてもしっかり考えておくことが必要となります。
十分に考慮して内容も考えていくことが必要となります。
特別なことは書かなくて良いので、テンプレートを活用しながら返信しておくようにしてください。
基本的にテンプレートはインターネットで公開されているので、そちらから良いものを見つけてお礼状として送っておくことをおすすめします。

そうするだけでも、必要な関係を継続することができます。
いい加減なところもあるので、正直お礼状はそこまで重要なものだとは思っていないことも多いです。
しかし、ちゃんと送れば誠意を表すことにも繋がっていきます。その点はしっかり考えておきましょう。

人事管理に関する注意点とは?

会社設立をして企業活動を進めていくためには、人的資源・物的資源・資金資源・情報資源の4つが必要となります。
その中でも企業は人なりという言葉が示す通り、とりわけ人的資源が会社に与える影響は大きく、会社設立に際する人事管理も重要な意味を持つことになります。
ちなみに人事管理に含まれる内容は、募集と採用、人員配置、人事異動、人事評価制度、教育など、様々な施策や制度などすべてが含まれるのです。
これらが十分に機能することが会社の発展にもつながるので、会社設立時の人事管理は慎重に行う必要があります。
“人事管理に関する注意点とは?” の続きを読む

会社設立の手続きでミスを起こさないためには?

最近は会社手続きに役立つサイトも増えていて、それを活用することでコストを抑えて会社設立することも可能です。
ただ人間には誰でも間違いはあるもので、そのように自分で登記申請手続きをする際に、考えられないようなミスを発生してしまうことも確かです。
例えば、人の名前や住所などを間違って誤記するミスもあって、そのまま申請書を提出することもあります。
ただ、そのような場合は法務局の登記官がミスに気づいて訂正するように指示してくれるので大きな心配は必要ないです。
“会社設立の手続きでミスを起こさないためには?” の続きを読む

税金面も意識することが大事

会社設立時の注意点として税金に関係した内容もあって、そのひとつが資本金額に関する税金面の注意点です。
昔は株式会社の最低資本金額は1000万円以上で、有限会社の最低資本金額が300万円といった規定がありました。
しかし会社法の改正により最低資本の金額制限が撤廃されたために、資本金が1円であっても株式会社を設立することが現在は可能なのです。
ただ資本金額は会社経営で拠り所となりますし、会社の信用度や融資を受けるにも大きく影響することから、1円というのは現実味は薄くできる限り多い方が良いと考えられます。
“税金面も意識することが大事” の続きを読む

会社設立で相談・依頼できる専門家がいると心強い?

会社設立をする際には、代表者として様々な決断や実行する必要があります。
その反面で知識や経験・マンパワーが不足している状態なために、大変な思いをすることも少なくないです。
最近はインターネットや書籍などで会社設立に関係する情報も手軽に入手できますが、調べれば何とかなるという安易な考えは危険です。
その結果として税金を損したり、資金調達に失敗して資金不足になったりと苦労してしまう方も多くいるのです。
身近に経験豊富で頼れる方がいるのなら別ですが、自分の知識や経験がない部分に関しては専門家を頼ることも必要です。
そうすることで結果的に時間や経費を節約することにつながることも少なくありません。
“会社設立で相談・依頼できる専門家がいると心強い?” の続きを読む

会社設立に失敗しないために必要なことは?

会社設立に必要なことには様々ありますが、一般的に良く言われているのが人・物・金です。
ただ実際は、それだけで成り立つものではなくて、それ以外にも会社設立に必要なことはたくさんあります。
会社設立に失敗しないために、どのようなものが必要になるのか一部だけでも知っておくと参考として役立ちます。
“会社設立に失敗しないために必要なことは?” の続きを読む

会社設立に関係した失敗談から学ぶこと

会社設立をされる方は、当然のこと全ての面で成功することを前提としているでしょうが、会社設立に関連する失敗談は少なくないのです。
また、無事に会社設立ができたとしても、開業後に軌道に乗ることができないなど、様々な失敗談は多くあります。
そこで、会社設立に関する失敗を回避するために、数多くある失敗談からしっかりと学んでおくことも必要なことです。
“会社設立に関係した失敗談から学ぶこと” の続きを読む

開業資金の融資を受ける際の注意点は?

会社設立をするためには必ず開業資金が必要になるので、自分に適した方法で資金を集める必要があります。
無理をしてまで集めることはおすすめできませんが、開業準備や事業に集中するためにも必要な金額は用意している方が良いです。
その為の方法としてはいくつかありますが、注意点もあるのでしっかりと理解しておくことが大事です。
“開業資金の融資を受ける際の注意点は?” の続きを読む